ちっぽけなパン

どこにも売っていないパンを作っています

スポンサーリンク

ポポーのクリームパン

こんにちは。

突然ですが皆さんはポポーという果実をご存知でしょうか?

https://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/sample/fruit/Pawpaw14(2832-2128).jpg

 

ポポーとは北米原産の果実で、標準和名がポーポー

外観がアケビ、果肉や種が柿に似ているからかアケビガキとも呼ばれています。

日本では明治時代に持ち込まれ普及しましたが、その後すたれ「幻の果実」とまで言われています。

ポポーの実は一見アケビを思わせるような長楕円形の形で、大きさは不揃いです。

果肉は黄色から薄いオレンジ色で、中に柿の種を大きくしたような種がいくつも入っています。

熟すと非常に香りが強く、トロピカルフルーツを思わせる甘くなんともいえない香りがします。

味はねっとりとした果肉でとても甘味が強く酸味は甘さに隠れてあまり感じません。

 (参照・引用:ポポー ポーポー アケビガキ:旬の果物百科

 

そんなポポーの木を父が1本植えていて、例年より今年はたくさん実がなりました。

個人的意見ですが、ポポーはフルーティーカスタードクリームみたいです。

 

カスタードクリーム?🤔

これをパンに入れたらクリームパンができるかも💡

という発想で、ポポーのクリームパンを作ってみました!

 

 

 

パンメモ

  • 強力粉146g、全粒粉39g、薄力粉15g
  • イースト1g、塩麹25g、ブライトスリム8g、水110g、ごま油10g
  • <フィリング>ポポー3個分
  • 50gX7個
  • 200℃予熱、13分

材料と成形 

強力粉がなくなってしまったので中途半端な量です。

 成形は王道の?クリームパンの形に。

(かつての料理教室。上がクリームパンです。)

f:id:chippocket:20210819112048j:plain

 

ポポーの実から皮と種を取って果肉を使うことにしたのですが、熟れていたのと水分とでぐじゅぐじゅに💦

本物のカスタードより水分多めでうまく包めず😥中身がはみ出てました💧

何個かもう平焼きにしようとしましたが、2次発酵中に思い立ち奥の手で✋くるっと包みました(^^;

ガスが少し抜けたけど、とにかく焼きます(笑)

 

できました

f:id:chippocket:20210819115128j:plain

中身出まくりですが、無事焼けました!

見た目は玉子が入っているみたいです(笑)

 

食べてみて

 1個切ってみたらこんな感じです。あまり参考にならないのを切ってしまいました😅

f:id:chippocket:20210819115740j:plain

 

フルーティーな香りはそのまんまです♪

果肉は焼けてカスタードの食感に生まれ変わりました(笑)

変に甘くなくて、クリームパンなのにあっさりと食べられます😋

ちゃんと包めれば尚良しでしたね。

パンはほぼいつもの配合だったので、具によって配合変えるのも違う味わいになりそうです✨

 

「幻のフルーツ」 ポポージャム 150g 湯布院散歩道 食工房風曜日

 


いつもブクマ、スター☆、コメント、いいね!👍ありがとうございます😊

今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。 また次回お会いしましょう。 にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村