ちっぽけなパン

どこにも売っていないパンを作っています

スポンサーリンク

プルーンフランス はったい粉の良さが出ました♪

こんにちは。

 

庭にあるプルーンの木、今年は何故か豊作なんです。

毎日少しずつ食べていますが、たくさんあるので今年もパンに使うことにしました。

過去にもプルーンを入れたパンは作りましたが(過去のは駄文すぎてすみません💦)

 

chippocket.hatenablog.com

プルーンから果汁があふれ流血して、生焼けになる恐れがありました。

それを防ぎたくて少し考えてみました。

 

明太フランスのように焼成途中で取り出して、プルーンをのせて追加焼成したら?🤔

 

f:id:chippocket:20210922113843j:plain

 

ということで今回は明太フランスを応用して、プルーンフランスを作ってみました!

 

 

パンメモ

  • <材料> 強力粉100g、はったい粉30g、薄力粉70g、イースト1g、塩2g、ブライトスリム3g、水145g、ごま油10g
  • <トッピング>プルーン7個
  • <分割> 51gX7個
  • 焼成> 250℃予熱 (霧吹きして)240℃10分、プルーンをのせて3分

強力粉50%、はったい粉+薄力粉50%でフランスパンっぽい生地にしました。

 

成形

f:id:chippocket:20210922114030p:plain

  1. 分割した生地を丸く広げ、上を左右に折りたたむ
  2. とじ目の真ん中を閉じる
  3. 上からくるくると巻く
  4. クッペの形を整える
  5. 真ん中にクープを入れる

変なイラストで申し訳ないです😓

成形には他のやり方もあるみたいですが、料理教室でやったやり方でしました。

クープは家のナイフではうまくできないので、試しにキッチンばさみで✂

意外とよく切れました!これは次からも使える技です☆

 

できました

f:id:chippocket:20210922141452j:plain

 

焼成途中で一旦取り出し、プルーンを入れようとしたのですが、クープの間にうまく入らない!!

結局押し込んで焼きました💦

クープでなく、十字に切れ込み入れた方がよかったかもしれないです。

 

でも流血なし!はったい粉の香ばしい香りがします♪

 

食べてみて

外はサクッ、中はしっとりとしたパンで香ばしい香りが広がります。

はったい粉の良さが出ました✨高温で焼くのがいいみたいです。

 

プルーンはのせて焼いただけで、パンと一体化はしてませんでした💦

流血してでもパンに入れて焼いた方がよかったかな・・・

でもゼリーのような生とは違う食感で、熟した程よい甘さです😊

 

  • キッチンばさみでクープができる
  • はったい粉入りは高温で焼くと香ばしさが残る

この二つはいい収穫でした✨

次回からもこれらの技を使って、作っていきたいです!

 


今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

また次回お会いしましょう。

にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村