ちっぽけなパン

どこにも売っていないパンを作っています

スポンサーリンク

今月の料理教室 ~キャロットブレッドとモンキーブレッド~

こんにちは。

 

今月も料理教室へ行ってきました!

先月より一か月以上経ったので、久しぶりな感じがしました。

 

今回作ったのは、キャロットブレッドとモンキーブレッドです。

 

 

キャロットブレッド

 

生地にすりおろし人参🥕を仕込んで焼き上げました。

左のケースに入っているのが持ち帰り用で、右の小さいのが試食用です。

 

やわらかい生地で、打ち粉をしないとべっとりマットにくっついてました💧

人参色素もマットについてしまい、洗濯行きです(笑)

 

ケースの方には二つの生地を二つ編みにして入れました。

ぶっとい二つ編みに成形してしまったので、分かりにくいですが(^^;

簡単な成形なのにちょっとおしゃれ😊にできるので、これは使えます

 

試食では半分に切ってサラダの具材をはさんで、バーガーバンズとして食べました。

人参のいい香りたっぷりです😊バーガーもいいし、そのままでもおいしいです。

 

モンキーブレッド

 

分割した生地をさらに手刀で適当に切って、レーズン入りの黒糖シロップに浸します。

それをケースに入れたちぎりパンです。

 

手でチョップするだけで(笑)丸い形が作れるのに感動しました🤩

面白いので大きい型に入れて、やってみたいなと思いました。

私はレーズン苦手なので、あの3個のレーズンの割合は0.4:4.8:4.8(笑)

 

教室では試食用に作った分をいただきました。

シロップが紙のケースにしみ込んで、パン自体は甘さ控えめでした。

金属製の型だとパンにしみこむらしいです。

色んな大きさのパンが最後までふわふわです。

 

ところで、なぜモンキーブレッドというのか?🐵と少し話題になりました。

先生もよく分からないらしく、教室ではGoogle先生に聞いて(笑)、何となくの知識を得たのですが、帰って改めて調べてみました。

分かったことは・・・

  • アメリカ発祥のちぎりパン
  • 名前の由来は、「サルの好きなバオバブの実に似てるから」、「サル山の形に似てるから」など諸説あり

謎多きパンになりましたが💦アレンジもできそうなので、またこれもやってみたい!と思いました♪

 

教室を終えて

 

お休みされた方もいて、全体的会話が少なめで黙食が定着してました😅

特にトラブルもなく、スムーズにできてあっという間でした。

またやりたい成形もあったので、収穫はバッチリです

 

この調子でまた来月もがんばろう。

 


今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

また次回お会いしましょう。

 

にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村